めいしょうれん
     

     
 理事長の挨拶

   
   平素から皆様方には、商店街をご愛顧いただきまして、深く感謝いたしております。名商連を代表いたしまして、一言ご挨拶申し上げます。

 商店街は、公共的団体として明確に位置づけられ、地域コミュニティの担い手として安心・安全で快適な街づくりを進めるとともに、地域の賑わいを創出する原動力となることが期待されております。こうした市民の負託に応えるため、名商連は、コンパクトシティの理念のもと、環境に優しく歩いて楽しく買い物ができる商店街づくりやその地域の歴史・伝統文化を継承する街づくりを推進してまいります。

 昨年来から続いているコロナ禍にあって、コロナ感染防止と経済活動の両立が求められていますが、商店街としても、新たな生活様式に心掛け、新型コロナウイルス感染防止に努めながら、商店街を支えていただいている地域の方々に喜んでいただけるよう様々な事業に取り組みます。とりわけ、個人消費の回復、拡大につながる活性化策に取り組んでまいります。

 平成28年度から、名商連、名古屋商工会議所、商工会や市内百貨店などで実行委員会を組織し、消費者に喜んでいただくためにプレミアム率20%の商品券を発行してきましたが、そのことが高く評価され、令和3年度は名古屋市と実行委員会が共催で「名古屋で買おまい★プレミアム商品券」を約80億円発行する準備を進めております。会員店舗の参加手続きやセール・イベントの実施などに積極的に支援してまいります。



 

 また、名商連の要望活動が実を結び、大規模小売店舗地域貢献ガイドラインよりも実効力のある地域貢献の条例が令和4年3月に制定される予定です。大店法が廃止されてから20年超になりますが、条例制定により、今まで以上に我々商店街と大型店が連携してまちづくりを推進していくことができます。まちの空洞化を阻止し、賑わいのあるまちづくりをめざして、条例制定の実現に向けて取り組んでいきます。

 なお、な・ご・や商業フェスタ、名古屋まつりフラワーカーパレードや商店街逸品名品テストマーケットなどの商業振興イベントの継続実施、名古屋「あきない塾21」、事業承継支援事業や大学・学生と地域団体との連携を一層推進し商店街の活性化に努めるとともに、街路灯・防犯カメラの維持管理、商店街こども110番事業や子育て支援事業など安心・安全で快適な街づくり活動を推進してまいります。

 これまで以上に新たな視点や発想を取り入れ、地域コミュティの担い手として地域に寄り添った魅力ある商店街づくりに取り組んでまいります。

 会員及び関係者各位の一層のご理解とご支援をいただきますようよろしくお願いいたします。






              名古屋市商店街振興組合連合会
              理事長  坪 井 明 治

      


  

名古屋市商店街振興組合連合会